なぜ審査落ちをするのか

ひとくちに、キャッシング会社といっても、たくさんの種類があります。実際に融資を希望していても、会社選びで一苦労する!なんてこともあるでしょう。そんなときは、どのような基準でキャッシング会社を決めるとよいのでしょう。

 

まず、使いやすいキャッシング会社かどうかを選ぶ基準にするとよいですね。たとえば、利用するときのATMが近くにあるのかどうかです。できれば返済の時や入金の時も、手数料はなるべく払いたくないものです。なかには、提携銀行のATMだと無料で使える業者があるので、調べるとよいですね。

 

また、すでに自分が口座を持っている銀行の提携キャッシング会社を利用するのも良いでしょう。審査や入金も比較的スムーズに進み、スピード融資を受けられるかもしれません。

 

そして、無利息期間があるかどうかも、選ぶ基準になるかもしれません。業者によっては、100日間や180日間、7日などさまざまな期間があります。融資可能額も違いますから、よく調べて自分の用途に一番合った会社をチョイスするとよいのではないでしょうか。

 

このような基準で、キャッシング会社を決めると良いかもしれません。最近は金利幅にあまり差がなくなってきていますから、サービス面や使いやすさを重視するのがおすすめです。

 

専業主婦がカードローンで融資を受ける方法

貸金業法には年収の3分の1以上の借入はできない総量規制というものがあります。ですから、専業主婦のように自らの金銭的な収入が全くない場合は、法律によりカードローンが利用できないことになります。

 

もちろん、申し込みを受け入れるのも審査をするのも違法にはなりませんが、貸し出しを行ってしまうと業者が罰則を受けてしまうので、きちんとした業者であれば審査に通ることはまずありません。それでもカードローンを利用しなければならない状況もあるでしょう。そこで正当な方法で、審査に通るにはどうしたら良いのか記してみます。

 

まず、利用には銀行のカードローンを選択します。実は銀行からの貸付は総量規制の適用外で、銀行が許可すれば融資を受けられるチャンスがあるのです。もちろん、専業主婦には収入がないので、夫の力を借りる必要があります。夫の承諾と配偶者の収入証明などが必要になるのです。

 

それさえクリアできれば、融資を受けられる可能性があるというわけです。

 

ただし、申し込みをする際には次のことに注意してください。たとえ銀行の資本が入っていても、業種が貸金業者である場合は総量規制の対象となってしまいます。必ず公式サイトやオペレーターに確認してください。

 

総量規制を超えて貸してくれるところがあり、銀行や貸金業法に基づく例外では無い場合には、闇金融である可能性が高いです。利用はしないようにし、それでも借りているといった方は借金無料相談で解決を進めるようにしてください。